妊娠初期症状と生理前の違いとは?

妊娠初期症状と生理前には、共通点もありますが明らかな違いもあります。

どちらもだるさを感じたり、体がほてったりといった点が似ていますが、生理前の場合、高体温の時期が続き、それが終わると生理になります。

しかし体温が下がらずにずっと続くと、妊娠の可能性も考えられます。

その状態がしばらく続いて生理が来ないとなると、妊娠しているかどうかがわかる時期に入ってくるということになります。

生理予定日より2週間以上でその時期に入ってきますが、注意しなくてはいけないのは、1週間程度ですと単純な生理の遅れやストレス、無理なダイエットによる場合もありますので、まだ判断するのは早いかもしれません。

人によっては、生理前になると胸が張ったりする場合もあります。

妊娠初期でも同じような症状が見られますが、生理前よりも明らかにパンパンに張ることもあり、さらに妊娠が進むと、乳首や乳輪が黒ずんできたり、大きくなったりするのも特徴です。

そして妊娠初期症状と生理前の大きな違いは「つわり」です。

つわりの症状としては、吐き気や嘔吐、食べ物の好みが変わる、においに敏感になる、胃のもたれなどがあります。

とにかく気持ちが悪くなり、頭痛がひどく熱も出て、だるくて仕事どころか日常生活もままならない人もいるようです。

イライラしたり、精神的にも不安定になったりするのも、つわりの症状のひとつだと考えられています。

また、着床時の出血も妊娠の兆候と考えられます。

これは受精卵が子宮内に着床することによって起こります。

誰の身にも起こるとは限りませんし、生理と似ているため特定は困難ですが、これも生理のときとは違いがあります。

出血が少量であること、短期間(2~3日程度がほとんど)で終わること、出血が薄く茶色いおりもののようであること、などが違いです。

そのため、普段の生理の様子をチェックしていれば、比較的容易に気づく場合もあるようです。